TOP 会社概要 業務案内 プライバシーポリシー お問い合わせ
業務案内

 

【人は電気伝導体】
人間の身体は、60兆個の細胞からできており、細胞の一つひとつが電子の集合体であり、細胞で形成される身体は巨大な電気ネットワークシステムと言えるでしょう。

人体の電気システムを計測して医療・健康機器に用いているのが、脳波計・心電計、筋電計、電子体重計、体脂肪計などがあります。

【生体電流とイオン】
人間の身体には微弱な生体電流が流れており、神経間や脳の情報伝達、細胞活動をコントロールしています。
人間の汗や血液など体液には、ナトリウム(Na+)、カリウム(K+)、カルシウム(Ca+)、マグネシウム(Mg+)などがイオンとなって溶け込んでいます。身体の弱った部位がプラスの電気を帯びるのは、これらのイオンのせいです。

【痛み】
細胞が損傷すると「内因性発痛物質」が発生します。それを侵害受容器というセンサーが感知すると、膜電位によって活動電位(インパルス)を発生させます。インパルスが神経の電気的ネットワークによって脳へ伝えられ、脳が“その部分に痛み(違和感)がある”ことを認識します。つまり、痛みとはその箇所で内因性発痛物質が発生しているということです。

【DKSゲルマニウムの働き】
マイナスの自由電子を持つDKSゲルマニウムは、プラスイオンを中和する働きがあり、人体の電子の流れをすばやく調整し、筋肉や臓器の機能を回復します。

実際に、エネルギーボールを使って生体電流が流れているか確かめてみましょう。

<お問い合わせ先>

ワールドクリエイト株式会社
〒732-0819 広島市南区段原山崎3-2-23


1.ダイナミックキネシオシナジー(DKS療法)とは
2.生体電流とプラスイオン
3.アームテスト
4.DKS健康指導
5.DKSスーパーゲルマニウム
6.サプリメント(健康・栄養食品)
※各項目をクリックすると説明ページに移動します。



TOP 会社概要 業務案内 プライバシーポリシー お問い合わせ